【ネトナン】ネットナンパでよく使われる用語をまとめてみた!

この記事ではネット上でナンパをしているネトナン師(ネットナンパ師)と呼ばれる人たちがよく使っている用語の意味を解説します。

オレンジくん

意味が間違っている用語や追加してほしい用語があればコメントかTwitterで教えてください!

ネトナン

ネットナンパのこと。出会い系サイトやマッチングアプリなどを使ってネット上でナンパすることを指す。

逆に街に出てナンパすることはスリートナンパ(ストナン)と呼ばれる。

マッチングアプリ

男性と女性の出会いの手助けをするアプリのこと。月額課金制のアプリが多い。

例えば「タップル」「ペアーズ」「With」「Tinder」といったマッチングアプリがある。

出会い系サイト

男性と女性の出会いの手助けをするサイトのこと。従量課金制が多い。

例えば「PCMAX」「ハッピーメール」「ワクワクメール」といった出会い系サイトがある。

オフパコ

SNSで知り合った人と直接会ってセックスすること。出会い系サイトやマッチングアプリで知り合った場合では使われない。

語源は、オフライン(ネット上から実際に会って)でパコパコ(セックス)するから。

裏垢女子

主にTwitterでエッチな投稿をしている女性のアカウントのことを指す。裏垢=裏アカウント。

即(そく)

会ってその日にセックスすること。「即る」「即った」というように使う。

準即(じゅんそく)

二回目に会ったときにセックスすること(=一回目会ったときはセックスしていない)。三回目に会ったときにセックスすることは「準々即」という。

即系(そくけい)

セックスしやすい女性のこと。貞操観念が低いなどの理由でセックスまで持っていきやすい女性。

アポ

女性と会う約束(アポイントメント)のこと。

逆アポ(ぎゃくあぽ)

女性側から会おうと誘ってくること。

健全アポ(けんぜんあぽ)

女性とセックスしない/デートを楽しむことを前提に会う約束をすること。

直ホアポ(ちょくほあぽ)

直接ラブホテルに行く約束をすること。

直宅アポ/直家アポ(ちょくたくあぽ/ちょくいえあぽ)

自分または女性の家で会う約束をすること。

スクリーニング

女性とやりとりするなかで、セックスできるタイプ(貞操観念が低い)かできないタイプ(貞操観念が高い)かを選別すること。

スト値(すとち)

主に女性の容姿のレベル(どれくらい可愛いか)のこと。「スト値が高い/スト値が低い」と表現する。

また、モテるための努力をして自分の魅力を高めていくことを「スト値上げ」という。

スト高/スト低(すとこう/すとてい)

スト値が高い/低い女性のこと。

食いつき(くいつき)

女性から持たれている好意の度合いのこと。「食いつきがいい/悪い」と使われる。

ヤリモク

セックスすることを目的として女性を口説くこと。

既セク(きせく)

既にセックスして肉体関係のある女性のこと。

未セク(みせく)

まだセックスまで持っていけていない女性のこと。

新規

初めて会う女性のこと

刺さる

女性からのウケや好感の程度のこと。

顔刺し(かおざし)

顔(ルックス)で女性を落とすこと。

メンテ

女性との関係を維持するために定期的に会ったりやりとりすること。

LINEで定期的にメッセージを送って関係を維持することを「LINEメンテ」と呼ぶ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。